Create Another Earth by Satellite Data & Blockchain

EXAは衛星データとブロックチェーンを活用して仮想空間にもう一つの「地球」を作るプロジェクトです。

About
About

仮想地球「EXA」とは?

  • 衛星データとブロックチェーンの活用

    人工衛星から取得できる地理座標系データをブロックチェーンに記録していき、仮想空間上にもう1つの「地球」を作り出します。そこに衛星画像などの地上観測データを用いて現実世界と逆相関する仮想の経済圏を形成します。
  • 位置情報と連動したマイニング

    現実世界の石油や天然資源と同様に、仮想地球の参加者は位置情報と連動したトークンを発掘することができます。トークンは経済発展度が高い地域ほど発掘しにくく、経済発展度が低い地域ほど発掘しやすいように設計されます。
  • 地理座標へのトークンの埋蔵

    仮想地球の参加者はトークンを発掘することができると同時に、自分が保有するトークンを地球の特定の地理座標に埋めることもできます。トークンが埋蔵されたエリアではその埋蔵量に比例して発掘量と発掘確率が上昇します。
  • 自律分散型の共同体

    仮想地球は誰でも無料で参加して「citizen(市民)」になることができ、ブロックチェーン自体には特定の所有者が存在せず、参加者同士のP2Pネットワークで成り立つ自律分散型の共同体として機能するように設計されます。

現実経済と逆相関する仮想経済

衛星から取得できる夜間光などの地上観測データを解析することで、各国政府の統計情報よりも早く正確に地球の経済的変化を把握し、経済的に発展している地域ほどトークンが獲得しにくく、経済が未成熟な地域ほどトークンが獲得しやすいアルゴリズムを導入します。地理座標によって紐づけられた現実と仮想の2つの地球が、経済的に常に逆相関の関係にあることで富の分散を促し、仮想地球が現実世界のセーフティネットとして機能することを目指します。

Mission

新たな社会システムの創造

EXAは、民主主義&資本主義という近代社会の枠組みの延長線ではない、近未来の新たな社会システムをゼロから創造する社会実験です。この世界はその時代を生きる人々によって上書きされ続けていく永遠の発展途上であり、現代の枠組みは過去の人々の想像力の産物に過ぎません。同様に、今を生きる私達がどんな世界を望み、どんな未来を実現するのかも、自分達で自由に選び取ることができると信じています。

Mission
現実地球
社会構造
民主主義 & 資本主義
設計
中央集権型
最優先
議会が定める法律 (法治主義)
執行方法
行政に委託
実務主体
議員・行政府
仮想地球
社会構造
価値主義 (政治と経済の不可分)
設計
自律分散型
最優先
データとアルゴリズム (テクノロジードリブン)
執行方法
スマートコントラクト
実務主体
ユーザー (参加者)
Community

コミュニティに参加する

EXAの構想に興味のある方は、開発進捗の公開やディスカッションもしているのでコミュニティにぜひご参加ください。

コミュニティに参加する
0

お使いのブラウザは動作保証対象外です。
最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。